Drone aerial photography 空の産業革命!あらゆるシーンで活用できるドローン空撮サービス
Drone aerial photography 空の産業革命!あらゆるシーンで活用できるドローン空撮サービス

DRONE BUSINESSドローン事業

空の産業革命!
無人飛行機「ドローン」の登場により低空域における様々な空撮サービスを実現!
動画制作、プロモーション映像制作だけでなく、農業や測量、高所点検など様々な分野で活用可能!
高度な空撮技能を有するプロのドローン操縦士が作業します!

ドローンとは?

2015年12月10日に施行された改正航空法において「無人航空機」が定義され、無人航空機の飛行ルールが新たに導入されました。
航空法で定義される「無人航空機」は、
「飛行機、回転翼機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもの」
遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」
「200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものは除く」
とされています。
対象となる無人航空機は、ドローンやラジコン機、農薬散布ヘリコプターが該当します。
ドローンを使用したサービスは、航空法で規定されている機体と飛行ルールに基づき提供されなければなりません。

ドローンとは?

ドローン(マルチコプター)機は、モーター(プロペラ)の数が様々です。

  • モーター(プロペラ)の数が増えるほど
  • 大型化
    ペイロード(搭載可能重量)が増加
    モーター(プロペラ)が一つ故障しても墜落の危険が減少
    操縦やメンテナンスに一定のスキルが必要

当社の強みサービスの特徴

  • 01 高度な技能を持つ操縦士
  • 02 徹底した安全管理と法令順守
  • 03 国土交通省への申請代行及び保険対応
  • 04 ご要望にあった作業プランの提案
  • 05 明朗なお見積金額の提示
  • 06 全国対応

ご要望に応じたご提案をいたします!
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから

DRONE USE CASEドローン利用例

多岐にわたる可能性を秘めている、今注目のドローンサービス。
空撮はもちろん、様々なシーンで利用されています。

  • 動画制作

    ドローンに取り付けた望遠カメラを使って上空からの様々な映像シーンが撮影可能です。
    最近では、映画やスポーツ競技などのエンタメ分野、ニュース報道番組、各種PR動画、集合写真撮影にドローン撮影が利用されるようになってきました。

  • プロモーション映像制作

    高層マンション等の不動産物件、ホテルや観光地のプロモーション映像に空撮を取り入れることで、インパクトのある視覚効果を視聴者に提供できます。

  • 農業

    ヘリコプターや小型機を使用して行っていた農薬散布をドローンで行うことで大幅なコストダウンが可能になりました。
    また、農作物の成長過程を記録、観察するためにドローンが利用されています。
    今後、農業分野でのドローン活用の需要は益々高まっていくと期待されています。

  • 捜索

    山岳遭難や水難事故など自然災害時が発生した際の行方不明者の捜索にドローンが力を発揮します。
    上空からの広範囲での捜索に加えて、赤外線サーモグラフィー等の映像解析技術とGPS機能により、迅速な救助活動に役立ちます。

  • 建造物の巡視点検

    ドローンにより、これまで人が何時間もかけて行っていた巡視点検作業の効率化を実現しました。
    例えば、造船所では、全長数百メートルの巨大タンカー上方にドローンを飛ばせることで、リアルタイムでの点検作業が可能になりました。
    他にも、太陽光のメガソーラーパネルや橋梁、トンネルの点検にも効果を発揮します。

  • 測量

    公共事業における測量にドローンを利用することで、短時間での測量が可能になり、更に、撮影画像から土地の詳細なデータを入手できるようになりました。

DRONE USE CASE安全対策

  • ドローンパイロットは、全員が高度な操縦技術と運行知識を備えたドローン空撮の有資格者です。

  • 空撮に利用するドローン機は、すべて保険加入済み。最大10億億円の損害保険により、万一の墜落等による対人対物への損害発生時の場合においても、お客様に損害負担が発生しないよう、万全の配慮を施しております。

  • 航空法及び各種条件を遵守し、飛行禁止エリアへの飛行や夜間飛行を行う際に必要となる許可申請手続き関しては、事前に必要となる全ての手続きを完了した上で、安全飛行を第一で行います。

DRONE EQUIPMENTドローン機材

Phantom4 Pro

Phantom4 Pro

低ノイズプロペラと進化した転送システムを搭載し。1型20MPのExmor R CMOSセンサー採用。
2000万画素カメラを備え、4K/60fps動画と14fpsのバーストショット(静止画の連続撮影)が撮影可能。デュアル・リア・ビジョンセンサー、赤外線センサーを搭載した「FightAutonomyシステム」により、5方向の障害物を検知。
安定した飛行を可能にした。

Mavic Pro

Mavic Pro

コンパクトなボディに最先端の技術を結集、高精度な3軸ジンバルを備えた4Kカメラとビジョン・ナビゲーションシステムを装備し、最大4kmの通信距離と27分の長時間飛行を可能にした。
1インチセンサーのHasselblandのカメラを搭載し、超高画質での撮影が可能。

Inspire2

Inspire2

HD動画転送システムと一本化された世界初の映画制作用ドローン。
画像システムCineCore 2.0がCineCore 2.1ににアップグレードされ、最大6Kの動画をCinemaDNG/RAWで撮影可能。
圧倒的な動力性能とデュアルバッテリー機能搭載により、テレビCMやPV撮影において、余裕をもった飛行時間のもと、動的被写体を安定して補足し撮影できます。

MATRICE 210

MATRICE 210

DJI屈指の高耐久性ドローン。17インチプロペラと高性能モーターの組み合わせにより、強風時においても安定して飛行を実現。
デュアルバッテリー・パワーシステムが、氷点下での飛行も自動でバッテリーを温めてくれる。密閉型の防滴設計で悪天候にも強く、さまざまな環境下での飛行が可能。

ご要望に応じたご提案をいたします!
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから

FAQよくあるご質問

飛行申請に関して

ドローンで空撮を行う場合、許可申請などを行う必要がありますか?
人口密集地域や150m以上、空港周辺地域にドローンを飛ばす場合は、事前に国土交通省に許可申請を行い、許可を得る必要があります。大阪や東京といった都市圏は、ほとんどの場所で許可申請が必要です。許可申請に関しては、弊社にて行わせていただきます。

操縦士に関して

ドローン操縦士に安心して任せられますか?充分な飛行技能や空撮スキルを持ち合わせいますか?
実務経験豊富なプロのドローンパイロットが、お客様のご要望に沿った空撮を行います。技能だけでなく、ドローン飛行に必要な航空法の知識も習得しており、安全を第一に作業を行わせていただきます。

保険に関して

事故が発生した場合の対応はどうなっていますか?
万が一、墜落等の事故が発生した場合に備えて、最大10億円の損害保険に加入しております。
安心してご依頼ください。

料金に関して

見積だけ依頼することは可能でしょうか?
お見積りは無料で行わせていただきます。まずは、電話・メールでお問い合わせください。
ご要望をヒアリングさせていただいた上で、詳細見積もりをご提出させて頂きます。

動画の納品に関して

空撮動画は、どういった形で納品していただけますか?
ドローンで空撮した動画は、指定のファイル形式及び記録媒体(メディア)にて納品させていただきます。
また、撮影動画の動画編集も承っております。

ご要望に応じたご提案をいたします!
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから

WORK FLOW作業フロー

お問合せ

01お問合せ

お問合せフォームよりお問い合わせ下さい。

お見積もり

02お見積もり

ご相談内容に応じたご提案とお見積りをご提示いたします。

ご発注

03ご発注

ご検討いただき、ご納得いただけましたらご発注をいただきます。

お打合せ

04お打合せ

撮影スタッフと打合せいただきます。

撮影

05撮影

撮影日、現地にて撮影を行います。

納品

06納品

後日、撮影した映像を指定の形式にて納品いたします。

ご要望に応じたご提案をいたします!
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから

RATE PLAN料金/プラン

料金/プラン
  • 基本料金20,000円~
  • ※使用するドローン機体、空撮内容により料金は異なります。
  • ご要望とご予算に応じたご提案をさせていただきますので、まずはお問い合わせください。

※動画及び静止画撮影になります。
※別途交通費がかかります。
※フライト時間は約60分とさせていただきます。
※保険料及び国土交通省への飛行許可申請費用を含みます。
※ご要望に応じて撮影動画の動画編集を行わせていただきます。(別途費用)

CONTACTお問合せ

送信はまだ完了していません。下記の「送信する」ボタンを押してください。

 

ページの先頭へ